2014年07月24日

部品

「つづく、」初日まで1ヶ月を切りました。
通し稽古もして、だいぶ形が整いつつあります。

ただ、この芝居は劇場で上演してみてなんぼの芝居。
なぜなら、劇場そのものが「劇世界」だからです。
なので初演の時もプレイヤーたちに言ってました。
「劇場入らないと、あまり分からない」と。
演出家としていかがな発言ですが、実際そうなので仕方ない。

さらに言うと、観客の皆さまが入らないとこの芝居、
ほとんど意味が無いと言いますか……。
演劇シーズンのパンフレットにもちょこっと書きましたが、「観客の皆さまが最後にして最大の創造者」だからです。
演劇って、基本的にそういうものだと思うのですが、
特に「つづく、」という作品は、その割合が大きいのです。

だから、稽古場での作業は、いわば「部品製作」。
完成品は、劇場でとくとごろうじろ、というわけです。
もちろん、部品そのものの質が悪ければどうしようもないので、
きっちり作って納入いたします。
お楽しみに。
posted by 南参 at 16:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。